• 抗酸化作用のあるフィコシアニンの効果について

    • フィコシアニンは、色素タンパク質のひとつで海藻などに含まれています。


      最近では、植物性プランクトンのスピルリナに多く含まれることがわかっています。

      主な働きとしては、体に負担がかかった時に発生する酸素の働きを抑えることができる抗酸化作用があります。

      酸化を防いでくれるので、免疫力をアップして風邪をひきにくくしたり生活習慣病を予防してくれます。また、酸素の影響でダメージを受ける細胞や粘膜の保護や再生も助けてくれます。活性酵素を除去するかとから、シミやそばかすを防ぐ効果も期待できます。


      また、フィコシアニンには、体の中に蓄積されたカドミウムやダイオキシンなとの有害な物質を排出してくれる働きもあるため、肌荒れを改善して老化となる原因を軽減してくれます。

      気になるWeblio辞書における問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

      この有害物質を排出するデトックス効果は、放射性物質の排出にも役立ったことがあります。

      放射能毒に侵された人々にフィコシアニンが含まれる物質を投与したところ、尿素のセシウムの量を大幅に減少させたという経緯があります。このようにフィコシアニンには、体にとって有害となる酸素に対して抗酸化作用があるため、免疫力アップやガンなどの予防、美肌効果やダイエット効果も期待できます。


      フィコシアニンの過剰摂取による弊害は特に見られていませんが、一日に摂取する量は3〜6グラムです。


      普段から海苔を食べる習慣のある方は特に意識しなくても摂取することは可能です。



      普段食べる習慣のない方は、毎日の食事に取り入れるなどして安定した摂取をすることが望ましいです。

      フィコシアニンが評判になっています。

  • 健康コラム

    • スピルリナに含まれるフィコシアニンとは

      フィコシアニンとはあまり耳慣れない言葉ですが、スーパーフードであるスピルリナなどを始めとする藻類に含まれる成分の一つだとされています。そもそもどんなものなのかというと、植物性色素の一つで色素たんぱく質であるため光合成を行う色素でもあり、禁煙研究が進められ様々な効果が期待できると言うことが分かり注目を集めているのです。...

  • 知りたい情報

    • フィコシアニンについて

      フィコシアニンとは、簡単に言うと藻類の中に含まれる光合成色素です。これを摂取することにどんなメリットがあるのか、大きく二つ解説していきたいと思います。...

  • 健康をもっと知る・意外な事実

    • フィコシアニンの生活習慣病の予防効果

      フィコシアニンは、古代より地球上に存在していた単細胞微細藻類であるスペルリナに多く含有しており、アフリカでは原住民の栄養源として食されて来た歴史がありますが、現在ではユーグレナと共に植物性の栄養素と動物性の栄養素を持つスーパーフードとして人気を博している成分です。人気の理由は、服用するだけで様々な栄養素をバランス良く摂取できる事にくわえて、ダイエット効果やデトックス効果、生活習慣病予防効果、アンチエイジング効果など現代人にとってとても有益な効果が期待出来ます。...

    • フィコシアニンに期待できる効果とは?

      スピルリナの主成分であるともされるフィコシアニンは、海苔などに多く含まれている色素たんぱく質の一つで、幾つかの健康効果を期待することができると言われています。期待できる効果の一つは、体の酸化を防ぐという効果です。...